JASS ベトナム事務所ホームページ

2月2日付け投稿       1月31日、フエに帰りました。小山

遅ればせながら「新年おめでとうございます

今年も世界中の子どもたちが幸せに生きられる世界を作って行きたいものです。

いかなる戦争や争い、紛争に反対します。各種の人種差別・人種に対する

偏見に反対します。米国トランプ大統領のイスラム諸国などに対する

米国入国拒否は、許しがたい『偏見』と『差別』を大統領権限と言う

「特権」で糊塗した近年最大の人種差別、国家差別、人間の偏見の塊だと思います。

世界中の団体・個人の意思を背景に抗議の声を自分の生きている身の回りから

挙げて行きたいものです。ヒトラー出現の当初の世評は「大したことはない小者」

と世間は見ていました。ファシズム・人権侵害などは当初「ソフトで」

「小さく目立たない」形で出現したようです。世間が問題視するより早く、

ヒトラーは共産主義者・社会主義者・ユダヤ人・民主主義者・障碍者など

への攻撃を始めました。多くの国民は、「自分が攻撃されていない」ことに

安心し、「他人事」のように扱っていました。結果は全ての国民への攻撃と

なり、ご存知のような結果を迎えました。20世紀と言う時代の歴史の

最大の教訓だと思います。

米国トランプ問題も同様だと思います。今回、米国のマスコミは思ったよりも

果敢にトランプ大統領への抗議と闘いをはじめています。

トランプ大統領のイスラムの人々への攻撃は許されざるものです。

日米・世界中のマスコミ・市民等と共同して近年最大の『新ファシズム』の萌芽

をつぶしていきたいものです。世界中の子供たちのために、今、大人が立ち上がり

闘う時だと思っています。

ベトナムで「CNNTV]を見ながらつらつらと考えています。

ーー

今日は、ソン君とトゥーイさんという子どもの家卒業生が、私の部屋に来て

徹底的な「大掃除」をしてくれました。部屋にある荷物の整理から始まり、

押入れ等にある要らないものなどの整理と廃棄をしてくれました。

半日ほどの大労働で私邸は、きれいに蘇りました。ソン君とトゥーイさんに

心からお礼を言いたいです。

夕方、子どもの家卒業生の「リー君」から電話。新年の顔合わせをしたい、

とのこと。

午後5時、私邸までオートバイで迎えに来てくれた。

現在、リー君が居住している『飲み屋』へ連れて行かれた。

2時間ほど飲んで私は帰りました。リー君は、自宅で飲んでいるようなもの

なので、今日は一体何時まで飲んでいることやら・・・・・。

フエへ戻って3日間の出来事・・・・。

トランプ大統領のあからさまな人種差別・人間差別に

正面から反対し闘えない「某国の首相」。憲法改悪には異常な執念と

粘り強さを持っているいるようだが、この方『人権』『人間』には

あまり興味がないようだ。

昨年から今年にかけて体調を崩し、年末から正月にかけて家で寝ているという

「寝正月」を過ごした。年齢的なこともあるのだろか? 体調を崩し易くなった。

(お詫び)写真を本HPに掲載する方法を忘れてしまった。

本日投稿は文章のみとし、明日写真を追加掲載します。

コメントは受け付けていません。