JASS ベトナム事務所ホームページ

8月29日(月)ミンさんと今後の活動・組織形態等懇談

午前5時起床する。

インターネットで日本の話題を見る。一番アクセス数の多いニュースは女優高畑淳子の

息子裕太婦女暴行事件。

謝罪会見などの映像を一部見る。高畑淳子という女優さんも知らないが、どうみても

「母子一体」親子としか見えない。親子は友達ではない。厳しいが「一定の緊張感」を

仲介して成り立つ特殊な人間関係である。「馬鹿親にして馬鹿子あり」。

親子関係の一定の限界線を越えた親子の行き着く先はこうなるという見本と見た。

子どもの家の子どもたちの方が余程人間として立派であり、自立している。

午前7時朝食。「肉団子入りブンボー」。

大量の「もやし」や「野菜」があり、肉、でん粉がある。

栄養学的には、筋の通った食事である。美味しい。私はフエ名物「ブンボー」

とハノイ「フォー」は好きである。

IMG_2339[1]

午前中、部屋で子どもの家、ベトナム事務所の諸問題について意見を

まとめる。子どもの家、事務所等「財政問題」を整理する。深刻。

午前11時、昼食。「手打ちうどん」美味しい。

毎昼食は「手打ちうどん」で良い。日本料理店を開店し営業した

お陰で、料理のトウオイさんは手打ちうどんを覚えた。

近くの市場で「小麦粉」を買い、自分で手打ちうどんを作る。

「うどんのつゆ」は、青少年教育の会ツアーの皆さんが日本から

持って来てくれた「そばつゆ」。森田さん・加藤さんに感謝。

猛暑のフエでは、肉や脂の濃い麺類は喉を通らない。

日本の鰹節の出汁(だし)と香りが、プーンとする「そばつゆ」を

使うと、一層食欲が沸く。

IMG_2340[1]

午後2時。バオミンさんと「子どもの家」「JASSベトナム事務所」の

財政、組織等、全般的な見直し検討作業を行う。

子どもの家の子どもたちが「29人」となった。ベトナムの貧困率が

この間、相当改善されたのは、事実である。ベトナム経済の進展、

貧困の改善等、ベトナム人の勤勉な労働と矛盾も多い「ドイモイ政策」

の一定の成果と見た。その結果、路上の子供たちはほとんどいなくなった。

子どもの家への入所者も激減した。最盛時80人ほどいた子どもたち

も現在は、29名。毎年、急激に子どもの家の子どもたちは減って来ている。

IMG_2341[1]

現在、寮母さん・事務所スッタフの合計が15人。子どもの家の子どもたち

29名、在宅支援(自宅にいての支援)9人。合計38人の子供たちの支援

をしている。最盛時、子どもの家「80人」、在宅支援「60人」、合計

140人程の子供たちの面倒を見ていた時もあった。

現在15人のスタッフ(寮母さん9人、事務所6人 合計15人)で

38人の子どもの家の子どもたちの支援をしている状況である。

スタッフは昔のままの「定員数」であるが、子供たちは激減している。

収入は、子どもの数に比例している。現在のスタッフ数は、子供たちが

100以上いた時の定員数のまま、今日に至っている。

もう給料等を支払えル「ぎりぎり」の所まで来ている。

一般の会社であれば「倒産」している。こうした現状を認めた上で

今後、子供たちの成長を保証し、現状のJASSに対する課題に見合う

スタッフ配置定数を明確にし、財政の抜本的な改革が喫緊の課題となっている。

 

 

 

コメントは受け付けていません。