JASS ベトナム事務所ホームページ


15年8月31日(月)終日寝ている

午前6時起床。

午前7時15分、朝食。「チャオ・バイン・カイン」

DSCN2640[1]

体がだるく、37度2分の体温あり。

バオミンさんに昨日電話。医師に診察してもらいにいく事になって

いた。

午前9時。ベトナム事務所のソン君が、市内の個人開業医を連れて、

自宅まで来てくれる。

DSCN2641[1] DSCN2642[1] DSCN2643[1] DSCN2644[1]

3種類の薬をもらう。

今日はTUOIさんの食事を断る。食欲なし。

ソン君に頼んで「フランスパン」に野菜や肉が入っているもの

を買ってきてもらう。牛乳・ヨーグルトも。

引き続き、横になり休む。

午後、「JASSベトナム」機関紙編集関係者にメールを送る。

北海道・帯広市のソロプチミストの方から電話。奨学金を

頂いている件について。ハンさんに内容を確認し、返信電話を

入れる。

ソン君の買って来てくれた「フランスパン」とミルクを食す。

その後、寝てる。

夕方になる。お腹はすかない。

小型パック入り牛乳トヨーグルトを食す。

そのまま、寝る。


15年8月30日〔日)安部戦争法案の廃案を求める

午前8時、日本語教師の北浦先生・向井先生と朝食バイキング行く。

向井先生が赴任してからたくさんのスタディーツアーが来訪。

忙しいまま今日に至る。遅くなったが、歓迎会も兼ねて

朝食バイキング。

DSCN2638[1]

2時間ほど会食をし帰宅。私はコーヒーと野菜少々。

体がだるい。風邪か?

バオミンさんに電話をし、明日ソン君に同行してもらい「病院」へ

行くことにした。この1週間ほど、37度後以上の熱があり、

終日、横になっている。

今日も1日、横になっていた。

寝ながらNHK海外短波放送を聴く。

今日は、国会周辺で12万人の人が集まり、「戦争法案」反対の集会が

あったとの報道。

音楽家の坂本龍一氏が挨拶。民主〔岡田)・共産(志井)・社民〔吉田)

生活(小沢)の各党党首が挨拶。全国300箇所で反対集会が行われた

とのこと。

小沢一郎共同代表は「こんな場にはあまり参加しないが、

今回だけはなんとかして、いい加減でバカげた法案を阻止して、

安倍政権を退陣に追い込みたい」と述べた。

〔小山)元自民党幹事長の小沢一郎氏の「国会包囲集会」参加・挨拶は

大きな出来事である。『安部戦争法案』は、保守対革新の

対立ではない。民主主義・国民の生活と命を守るのか?

どうかの闘いである。
池内了・名古屋大学名誉教授は「これほど国民をなめた法案はない。

法案廃案と政権退陣が日本を救う道だ」と訴えた。

音楽家の坂本龍一さんは「政治状況ががけっぷちになって、

日本人に憲法精神が根付いていることを示していただいた。

フランス革命に近いことが今まさに起ころうとしている」と語っていた。

日本の今後の進路と平和・国民の生活や生死に直結する大問題。

何としても廃案にしたいものである。

午後7時半、腕にお灸をする。微熱対策。

DSCN2639[1]


15年8月28日(金)「JASSベトナム通信」作成

午前7時過ぎ、朝食。

「チャオ・バイン・カイン」(小麦粉とキャッサバ芋粉の手打ちうどん)

DSCN2631[1]

午前中、「JASSベトナム通信第1号」の編集。

ベトナム人の日本語の添削。

日本の関係者に『新JASSベトナム通信1号」関連の連絡と打ち合わせの

メール送信。

午前11時半。昼食

「茹でたナス」「隠元豆ときのこ炒め」「豆腐とトマト等スープ」

DSCN2632[1]

半分強食し、残りは夕食用。

DSCN2633[1]

今日は、朝から37度1分~37度4分の発熱。

熱があるのも「気温」の関係と思えてしまう。

昼食後2時間ほど横になる。とにかく、熱があり、体がだるい。

午後、再度、「JASSベトナム通信」の校正・誤字脱字のチェック。

必要な写真を探す。

午後4時。横になる。

「YOU TUBE」で「先代 桂文楽」の「芸談」を聞く。

明治時代、先代桂文楽が「前座」だった頃、神様のような落語の名人は

「橘家円喬(4代) たちばなや-えんきょう」だったそうだ。

亡くなった古今亭志ん朝も父親「志ん生」の話として、「橘家円喬(4代)

は名人だった。他に比較する人が居ないほどの名人だったと言っていた

と話している。

故「柳亭痴楽」の「八百屋お七」を聴く。

三遊亭円生「髪結新三」を聴く。


15年8月27日「JASSベトナム通信」作成

午前6時起床。

午前7時過ぎ朝食。「ブンボー・フエ』(フエ名物牛肉米麺)

DSCN2617[1]

体調が悪いので「お灸」を据える。

DSCN2616[1]

午前中、「JASSベトナム通信1号」を作成する。

ベトナム事務所員全員の顔写真を集める。

この間の「子どもの家」の取り組み関係の写真を探す。

10月3日・4日お台場で行われる「フェスティバル」に

関する件で、バオミンさんと打ち合わせをする。

昼食。「野菜サラダ」「人参とジャガイモの煮物」「野菜スープ」

DSCN2618[1]

40%程度残こし夕食用とする。

DSCN2621[1]

食後、2時間ほど「昼寝」。

昼寝後、洗濯。シーツを洗う。

「JASSベトナム通信1号』編集を続ける。

文章の校正・写真を探す。

バオミンさんの顔写真がないのでベトナム事務所で写し、

送ってもらう。

午後5時半。外気が少し涼しくなる。

黒い雲が出てくる。

DSCN2615[1]

その後、豪雨。


15年8月26日「JASSベトナム通信」編集・校正

午前5時目がさめる。吐き気がする。

午前7時15分、朝食。

「チャオ・バイン・カイン」(小麦粉とキャッサバ芋粉の手打ちうどん)

DSCN2609[4]

午前中、旧「JASS「機関紙「バンベー」に代わる「JASSベトナム通信」

の編集・校正を行う。

ベトナム事務所員全員の原稿が揃う。

筆者全員の顔写真を調べる。日記を書く際に写した写真を

調べる。

午前11時半。昼食。魚1尾以外は、全て野菜類。

DSCN2612[1]

60%程昼食を食し、残りの40%を夕食用に残す。

DSCN2613[1]

午後2時間ほど昼寝。常時からだがだるい。気力が出ない。

この1ヶ月ほどの間の「講演会」や「ナムドン山岳地帯行き」など

スタディーツアーへの対応と「猛暑」のダブル疲労か?

時間があれば、横になっている。

午後4時半頃、黒い「怪しい雲」が出てきた。

DSCN2615[1]

しばらくすると雨が降り出した。

午後6時過ぎまで「JASSベトナム通信』の原稿整理・必要な写真、特に

顔写真を探す。

外は、雨。


15年8月25日ベトナム事務所日記

(小山道夫・火炎樹日記)

快晴  猛暑  夕方、短時間雨。

午前6時起床。

午前7時15分、朝食

「ブンボー・フエ」(フエ名物牛肉米麺)

DSCN2597[1]

10年ほど前、日本から持って来た「小型炊飯器」が再度、故障。

ソン君に依頼し、修理業者に持って行ってもらっていたが、

業者より「修理不能」との回答あり。

ソン君に依頼し、フエ市内で「小型炊飯器」を買ってきてもらう。

2000円弱。

最近は、ソン君が意識的に私の日常生活支援に協力して

くれている。本当に助かっている。

DSCN2598[1]

DSCN2599[1]

朝食を食べている間に料理のTUOIさんは、お子さんを保育園に連れて行く。

その後、午前9時頃に再度、宿舎にやってきて昼食・夕食兼用食を作る。

TUOIさんは、午前10時半過ぎには、昼食を作り帰宅する。

帰宅する際、昼食用のご飯のスイッチを入れて帰る。、

今回買ったベトナムの炊飯器には「タイマー」が付いていない。

午前11時頃、炊飯が完了するようにスイッチを入れる。

午前10時半、昼食。TUOIさんがスイッチを入れて帰宅した

小型炊飯器。1合弱の炊飯が完了していた。

DSCN2600[1]

昼食

「茹でニガウリ・ピーナッツ和え」

「小型大根と海老の煮物」

「瓜(うり)のスープ」

「ご飯・5勺強」

DSCN2601[1]

6割程度食し、4割は夕食に残す。

DSCN2606[1]

体がだるい。この数日、非常に体がだるい。文章を書く意欲がない。

常に横になっている。

昼過ぎ、2時間ほど昼寝。検温「37度4分」。

1ヶ月強続いた「スタディーツアー」がほぼ終わった。

本当に疲れた。

フエ・「子どもの家」にお越しになった日本の皆様に感謝したい。

直接、現地の活動、取り組みを見ていただいたこと、何よりも

「子どもの家」の子どもたちの様子を直接知って頂いた事は、

現地で子どもたちの成長支援を行っているバオミンさんを中心と

した「JASSベトナム事務所」の皆さんに取っては、一番嬉しい

ことである。

洗濯。洗濯機修理が完全ではない。乾燥は規定の2倍(2回)しないと

90%まで乾かない。それでも洗濯機があるので助かる。

結局、今日は1日寝ていた。

今週は、体調を整えるようにしたい。

やらなければいけない「仕事」が沢山あるが、体調を整えて

仕事を進めて行きたいと思っている。

横になり、落語を聴く。

今までは、本格的な人情話は聞かなかった。疲れるから・・・。

明烏、真田小僧など軽い話を聞きながら横になっていた。

今日は先代「林家正蔵」の人情話「中村仲蔵」と

古今亭志ん朝の「唐茄子屋政談』を聞く。

午後8時、体がだるいので両足に「お灸を据える」。

DSCN2607[1]